全国訪問介護協議会


介護の事業者・利用者を支援する組織です。

全国訪問介護協議会


全国の訪問介護事業者と連携し質の高い継続的な事業改善を目指します

設立のご案内


平成22年2月17日「全国訪問介護協議会」設立の運びとなりました。 訪問介護事業発展に向けセミナー活動、経営支援活動、現場の意見を国に提言することなどが主な活動内容です。 訪問介護業界は、政治的基盤が発展途上であり、他の事業団体に比べ脆弱であることは否定できません。 是非、この機会にお申込みいただき訪問介護事業運営の発展にご協力ください。

目的


●訪問介護事業の活用メリットを、介護保険被保険者及び
介護者に伝えることによる「抱え込まない介護」を支援  

●介護者の負担を軽減し、共倒れになることを防ぐ  

●ぎりぎりまで、住み慣れた家で過ごす人生に協力  

●訪問介護事業経営を軌道に乗せる支援  

●訪問介護事業の起業支援  

●訪問介護事業発展のための意見を国に提言  

●全国の訪問介護事業者と連携し会員事業者とともに
質の高い継続的な事業改善を目指す

事業内容


●国政や行政への政策提言活動  

●経営状況アンケート調査  

●介護事業経営に関わる情報共有のためのメールマガジンによる情報発信  

●研修開催(全国)  

●訪問介護事業開設(起業)支援  

●訪問介護事業経営支援  

●専門誌出版  

特典:会員限定セミナー参加

組織概要


名称 全国訪問介護協議会
※全国訪問介護協議会は任意団体(商標取得)です。
所在地 〒154-0012 東京都世田谷区駒沢4-23-18 加瀬ビル166 7階
連絡先 TEL.03-6805-3963  FAX.03-6805-3944
代表者 荒井 信雄
会費 無料
小規模事業者の意見等を集約して国に提言することを主な目的としており、社団法人にした場合会費などが発生し意見の集約に支障をきたすと考えております。
また、セミナーなどの案内も一部の地域または大手に限ることなく全国8万枚の案内をしております。
多大な経費がかかりますが、情報を必要としている事業者すべてに案内するためには必要だと考えております。
当業界の発展のため訪問介護介護事業者からの意見や相談などには地域、規模に限らずできる限り対応していく意向です。

代表者紹介


荒井 信雄

大学卒業後、アパレル会社に入社。エリアマーケティング、ブランド戦略、利益獲得のためシステム構築などを経て大手介護会社「㈱やさしい手」に転職。
営業からスタートしヘルパー、事業所長、事業部長、本社取締役介護本部長を歴任。
2003年株式会社 さくらケアを起業。開設1年にして高利益率確保に成功する。
2012年株式会社うめケアを起業。現在、世田谷区内に介護サービスを16事業所経営。
大手の戦略から単独型の小さな訪問介護事業所の成功手法までを熟知。
「介護ビジネスにはやり方がある。」「介護ビジネスは利益をとれる」をモットーに 現在コンサルタントとしても活動中。(コンサル実績150社以上)
経済産業省後援日本最大の起業支援プラットホーム「DREAMGATE」アドバイザーランキング
『成長戦略・経営革新部門』第1位、『人気業種部門』第1位を獲得。
2010年全国訪問介護協議会(492名の会員)を設立。
会長として全国の訪問介護事業者の意見を集約し、厚生労働省や国会議員等に提言。
また、厚生労働官僚とのシンポジウムなど講演活動を全国で開催、その他執筆活動等。
最近の面談として 厚生労働省老健局局長、東京都高齢者対策部長 と面談

出版、掲載
・2007年3月「今しかできない介護起業」を出版
・2012年7月 「訪問介護事業、居宅介護支援事業成功の法則」第2版を出版
・2012年9月 「在宅介護事業者のための58のヒント」を出版
・2015年6月 「訪問介護事業、居宅介護支援事業成功の法則」第3版を出版
・日経ヘルスケア ・シルバー新報 ・高齢者住宅新聞
テレビ出演 ・テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」出演 「e-Morning」に生出演

介護セミナー


入会申し込み


入会申みはコチラ

ご質問等は、お電話でもお気軽にお問い合わせください

TEL.03-6805-3963